(世界発2020)仏本土へ子ども「移住」、なお苦しみ インド洋の島から2000人

有料会員記事

[PR]

 半世紀ほど前、インド洋にあるフランス海外県レユニオン島から、9千キロ離れた本土の農村へ2千人もの子どもたちが集団で移住させられた。差別や虐待を受けながら生き抜いてきたが、今なおルーツをたどれず、苦しんでいる。(カバイヨン=疋田多揚)

 ■3歳で農村へ…虐待

 バレリー・アンダンソンさん(56)が…

この記事は有料会員記事です。残り1716文字有料会員になると続きをお読みいただけます。