[PR]

 ■1964-2020

 記念撮影をする男女十数人の中心には、1964年東京五輪の重量挙げ金メダリスト、三宅義信選手(80)がいる。同五輪で日本勢の「金」第1号となった2日後に撮られたものだ。写真の持ち主、溝江雅子さん(79)はこの時の記憶がはっきりしない。「千駄ケ谷に宿をとって、たぶんそこから歩…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも