(憲法を考える)夫婦同姓「旧姓使用」は解決策か 別姓訴訟、原告側が敗訴

有料会員記事

[PR]

 ■憲法を考える 視点・論点・注目点

 夫婦同姓を定めた民法の規定は「法の下の平等」を保障した憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の判決が広島地裁であり、小西洋裁判長は違憲とはいえないとして、国に50万円の損害賠償を求めた原告の訴えを棄却した。(2019年11月20日付社会面)

 ■議論先送り…

この記事は有料会員記事です。残り3538文字有料会員になると続きをお読みいただけます。