[PR]

 正岡子規の晩年をとりあげ、死を前に床に伏している姿を書いてきた。そんな師の最期を凝視して描ききったのが、弟子の高浜虚子(本名は清)である。これまで子規の死にふれた作品はたくさんみてきたけれども、虚子の文章を抜くものはなかったのではないか。師直伝の写生の手法によっているが、たんに生を写しているだけで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも