[PR]

 東日本大震災では2500人余りが行方不明のままだ。家族は遺体が見つかってほしいと願う一方で、どこかで死を認めたくない思いもある。そのような「あいまいな喪失」を、人々はどう心に抱えてきたのか。東北学院大(仙台市)の学生たちが研究した成果が1冊の本になった。

 社会学を教える金菱清教授(44)のゼミ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも