[PR]

 団体職員 小野修司(岐阜県 56)

 「短大だからこその可能性もある」(6日)を読み、少子化が進み、小中高の統廃合も加速する今、大学や短大のあり方について考えさせられ、来し方を振り返った。

 私の学生時代、大学は社会に出るまでの「モラトリアム」、短大はしばしば「花嫁修業」とされた。学生生活を楽しむ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも