[PR]

 日米貿易協定が発効した1月、米国からの牛肉の輸入量が前年同月より22%増えた。豚肉は9%増、ワインも19%増と、関税が引き下げられた多くの品目で輸入が増加。一方、低関税枠の拡大で増えると期待された米国への牛肉輸出は逆に6割減となり、一方的に米国が輸出を伸ばす出足となった。

 財務省が27日に発表し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも