[PR]

 「核の番人」である国際原子力機関(IAEA)のトップ、ラファエル・グロッシ事務局長が27日、東京都内で記者会見した。東京電力福島第一原発でたまった処理済み汚染水の外部放出について「方法論は世界的に確立されている慣行に合致する」と述べ、放出状況のモニタリングで日本を支援する考えを示した。

 汚染水の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも