(大志 藤井聡太のいる時代)鮮烈編:10 八段に昇った師匠「注目、弟子のおかげ」

有料記事

[PR]

 「八段は、こどものころ、将棋を覚えてから、棋士を志したときの一つの目標でした」

 2019年2月22日、大阪市福島区関西将棋会館藤井聡太七段(17)の師匠、杉本昌隆八段(51)が、昇段を決めたときの第一声だ。八段が棋士にとって特別な段位ということが、にじむ言葉だった。

 日本将棋連盟は、八段へ…

この記事は有料記事です。残り619文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント