[PR]

 教員の多忙の問題を、先生が名前と顔を明かして語り始めた。大変さを話し本音を口にすることが、「子どものためには時間を惜しまない」教師像の否定につながりかねず、児童生徒や保護者、同僚にどう思われるかと悩んだ。それでも、ためらいを乗り越えなければ、社会に届かないと考えたという。(編集委員・氏岡真弓)

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも