[PR]

 韓国軍の合同参謀本部は2日、北朝鮮が同日午後0時37分ごろ、東部の江原道・元山付近から北東に向けて短距離の飛翔(ひしょう)体2発を発射したと発表した。最大飛行距離は約240キロ、高度は約35キロと推定され、日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下した。韓国軍は短距離弾道ミサイルだとみている…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも