[PR]

 他社の参入を妨げた疑いがあるとして公正取引委員会の立ち入り検査を受けた放射性医薬品の製造大手「日本メジフィジックス」(東京)が、問題を自主改善する計画を公取委に提出していたことがわかった。公取委は計画に実効性があるとみている模様で、行政処分を科さずに調査を終了する見通し。

 計画提出は2018年末…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも