[PR]

 これまで明確に法的な位置づけがなされていなかったゲノム編集技術を使った医療について、厚生労働省は2日、再生医療安全性確保法の高リスクで審査が厳しいiPS細胞を使った治療と同じ第一種に位置づける方針を示した。同日の有識者会議で提案し、大筋で了承された。

 再生医療安全性確保法では再生医療をリスクに応…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも