[PR]

 ふだん文学にそれほどの興味がなくても、年に2回、この二つの賞の話題が耳に入ってくるかもしれない。1月と7月に受賞作が発表される、芥川賞と直木賞だ。今年1月で162回を数えた両賞は、なぜこんなに話題となるのか。

 芥川賞は、純文学の新人の登竜門と位置づけられ、文芸誌などに発表された短編・中編から選ば…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも