[PR]

 安倍内閣は3日、公職選挙法の改正を含む地方分権一括法案を閣議決定し、国会に提出した。地方議員選で「立候補する自治体に3カ月以上」という住所要件を満たさない人が立候補し、当選や得票が無効となる例が相次いだことなどを受け、公選法の罰則規定を適用できるようにする。改正案では、虚偽申告に30万円以下の罰金…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも