[PR]

 故・藤子・F・不二雄さんは『ドラえもん』を長く連載するなかで、パターン化しないよう気をつけていたという。ポケットから道具を出すのはいつも同じだが、感情表現に変化が出るよう、登場人物の意外な面も見せるようにと心がけていた(『藤子・F・不二雄の発想術』)▼今年は『ドラえもん』が世に出て50周年にあたる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも