(評・音楽)ラ・トラヴィアータ〈椿姫〉 牛の映像が象徴的に語る運命=訂正・おわびあり

有料記事

[PR]

 「全国共同制作プロジェクト」は、文化庁の助成で、各地の劇場やオーケストラが一緒に新演出のオペラを作り、全国を巡業する催事。2009年から続く。演出家の選択が斬新で、野田秀樹河瀬直美が起用されてきた。今回は福島の白河、金沢、東京の劇場等が参加。演目はヴェルディの「ラ・トラヴィアータ」、いわゆる「椿…

この記事は有料記事です。残り658文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。