[PR]

 新元号「令和」の典拠として注目を集めた「万葉集」。この日本最古の歌集は、日本人の心の原点として文化にも大きな影響を与えてきました。当時、NHK「日めくり万葉集」で語りを担当した女優の檀ふみさん=写真=と、番組の監修を担当した慶応大名誉教授の藤原茂樹さんが、万葉びとの世界観を語り合います。

 ◇講演「檀ふみと味わう万葉の世界」。28日[土]午後3時30分~5時。会場は東京・西新宿の新宿住友ビル。参加費は会員3740円、一般4400円。問い合わせ、申し込みは主催の朝日カルチャーセンター(03・3344・1941)。HPは「朝カル 新宿」で検索を(朝日新聞社後援)

こんなニュースも