[PR]

 先日、父のお供で開業したての歯科医院に行ったときのこと。問診票を書いていて、生年月日のところで父のペンが止まった。のぞき込むと、令和の「R」、平成の「H」、昭和の「S」に続き、大正の「T」は……「えっ、ないやん!」と私。思わず、大正15年生まれの93歳の父と顔を見合わせて笑った。仕方なく勝手にTの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも