[PR]

 7世紀の飛鳥時代に描かれ、古代東アジアの至宝とされる奈良県斑鳩(いかるが)町の法隆寺金堂壁画を1916(大正5)年に撮影したガラス乾板(かんぱん)約150枚が、東京・上野の東京国立博物館(東博)でみつかった。この乾板の存在は知られていたが、所在は不明だった。これまでにみつかっていた35(昭和10)年に撮影された「ガラス原板」(国重要文化財)より古く、49(昭和24)年の火災で焼損する前の姿を探る重要資料として注目される。

 ガラス乾板は、ガラスの上に感光材を塗った撮影用の材料で19世紀末に実用化されたが、のちに手軽なフィルムに取って代わられた。

 東博の瀬谷愛・保存修復室長(美術史)らが1月、博物館内の収蔵庫でみつけた。縦約30センチ、横約25センチの乾板が数十枚ずつ、木箱三つに入っていた。金堂壁画について、1916(大正5)年に文部省に「法隆寺壁画保存方法調査委員会」が発足。写真家の田中松太郎(まつたろう)(1863~1949)が撮影した。

 今春に東博で開催予定の特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」(東博、朝日新聞社など主催)で、この乾板による紙焼き写真を公開する。問い合わせは(03・5777・8600)へ。(編集委員・小滝ちひろ)

 <訂正して、おわびします>

 ▼6日付社会面の法隆寺金堂壁画大正期のガラス乾板(かんぱん)発見の記事で、法隆寺壁画保存方法調査委員会の発足が「1897(明治30)年」とあるのは、「1916(大正5)年」の誤りでした。

こんなニュースも