[PR]

 イランと米国が断交するきっかけとなった1979年11月の在テヘラン米大使館人質事件で人質となりながら、対立が激化する両国関係に心を痛める元米国務省高官がいる。今こそ対話が必要だというのだ。(ワシントン=渡辺丘)

 ■「もてなし十分」ハメネイ師に直訴

 ジョン・リンバートさん(76)は米国屈指のイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも