[PR]

 「給料の前払い」などのうたい文句で広がる「給料ファクタリング」という金融取引について、金融庁は6日、貸金に当たるとの初めての見解を発表した。

 給料ファクタリングはまず、業者が利用者の給料の一定額を給料日前に、額面額よりも安い額で買い取る。利用者は、給料を受け取った後、額面通りの現金を支払う。差額…

この記事は有料会員記事です。残り100文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り100文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り100文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも