[PR]

 2005年に栃木県今市市(現日光市)の小学1年の女児(当時7)が殺された事件で、殺人罪などに問われた無職勝又拓哉被告(37)について、無期懲役とした二審・東京高裁判決が確定する。最高裁第二小法廷(三浦守裁判長)が4日付の決定で、無罪を主張していた被告側の上告を棄却した。

 勝又被告は捜査段階で犯行…

この記事は有料会員記事です。残り512文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも