[PR]

 石油輸出国機構(OPEC)は6日、ウィーン本部で閣僚会合を開き、ロシアなど非加盟の協力国と追加の協調減産を話し合った。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で減っている原油需要に対応するため、日量150万バレルの追加減産をめざした。しかしロイター通信は、ロシアの同意が得られず協議が不調に終わったと伝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも