[PR]

 岩手県大槌町の佐々木慎也さん(18)は昨年12月、約3分のドキュメンタリー作品を作った。元にしたのは県立大槌高校の仲間と取り組んでいる定点観測の写真。徐々に復興していく町の様子を年3回、180地点で撮影してきた。

 震災が起きたのは小学校の授業中。学校のフェンスを乗り越え、山へ逃げた。振り返ると…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも