学校の「常識」、冷静な議論で考え直す 茨城・取手のいじめ自死、提言について意見交換

有料会員記事

[PR]

 茨城県取手市で2015年11月、市立中学3年の女子生徒がいじめを苦に自死したことをめぐり、市の「いじめ問題専門委員会」が1月、市教委に再発防止策を提言した。固定担任制を廃止して複数の教員が生徒をみるほか、生徒の悩みへの対応を話し合う教育相談部会の設置などを求める内容だ。2月に都内であった催しでは…

この記事は有料会員記事です。残り650文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら