折々のことば:1752 鷲田清一

有料記事

[PR]

 日本の音楽で、ことに他の国にない音楽の享受の仕方で、ユニークな態度というのは……遠音(とおね)を楽しむということ

 (武満徹)

     ◇

 尺八や木遣(きやり)は遠音がいちばん美しいと作曲家はいう。物陰からは、愁いを帯びた三味線の爪弾き、流しのくぐもった歌、そんな俯(うつむ)きかげんの響きがと…

この記事は有料記事です。残り87文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る