[PR]

 東京電力福島第一原発事故後、福島県による健康調査で甲状腺がんが見つかり、摘出手術を受けた若者は186人に上る。予想を大きく超える数に「被曝(ひばく)の影響か」「検査のやり過ぎが原因」との論争が続くなか、「手術が必要とされた子どもたちの生活と病状にもっと心を寄せて」と訴える。

 2001年に立ち上げ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも