授業継続の学校も続く悩み 感染状況で判断変えた自治体も 新型コロナ

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全国の公立小中学校、高校などの約99%が臨時休校を決めた一方で、約400校が「休校せず」を選択した(4日朝時点)。その後の感染の広がりなど状況をにらみつつ、判断を変える自治体も出ている。

 島根県は、県立の高校と特別支援学校の全47校で授業を続ける。県教委によ…

この記事は有料記事です。残り525文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント