(東日本大震災9年)戻れぬ故郷の記憶、100年後へ 元住民に聞き取り、生きた証し残したい

有料会員記事

[PR]

 おばあちゃんは、もう覚えていない。

 70年以上過ごした福島県浪江町津島地区の赤宇木(あこうぎ)集落での暮らしを。田畑を開墾し、必死に子どもたちを育てた日々を。

 福島市で息子と一緒に避難生活を送る、102歳の三浦ミンさん。介護用のベッドに横たわりながら、時間をかけて記憶をたどる。

 同県川俣町で…

この記事は有料会員記事です。残り1190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら