[PR]

 〈四章 東京 その五 敵艦見ゆ!〉の続き。日本とロシアが激突した日本海海戦に立ち会った要造は、何度も時間を巻き戻して、日本軍を勝利に導く。日本は、遼東半島の一部や満州へ続く鉄道などを手中に収め、大陸進出の足場を築いた。時間が経つにつれ、海軍の東郷平八郎は“鳳凰機関”こと要造の活躍を忘れ、要造自身も…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも