[PR]

 西田幾多郎は、この国でもっとも知られた哲学者だ。その影響は戦中戦後を通して広がりつづけ、今日に及ぶ。代表的著作『善の研究』が刊行されたのが、1911(明治44)年。さきにふれたハイデガーの『存在と時間』に十余年先立っていた。

 その著作とともにこの国に「哲学」の名が定着するようになったという。「宗…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも