写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 コロナ危機でかき消されがちだが、この国会は「桜を見る会」疑惑、東京高検検事長の定年延長などへの安倍晋三首相の説明責任も焦点だ。宰相の「ことば」はどうあるべきなのか。

 ■「異論=脅威」自己愛の形 水島広子さん(精神科医、元衆院議員)

 安倍さんの国会での答弁、ヤジ、イライラとした表情を見ていると…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも