[PR]

 性同一性障害特例法に基づき戸籍の性別を変更する際の規定で、「結婚していないこと」が要件になっていることの適否が争われた家事審判で、最高裁第二小法廷(岡村和美裁判長)は「要件には合理性がある」とする初めての判断を示した。11日付の決定。

 第二小法廷は決定理由で規定の趣旨について「結婚している人の性…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも