(ひと)松尾光晴さん 重度障害者の思いを伝える装置を作り続ける

有料記事

[PR]

 指やほおなどをわずかでも動かせれば、光が点滅する文字盤と音声で言葉を紡げる。そんな重度障害者向け会話補助装置「レッツ・チャット」を考案した。

 2003年に発売され、交通事故で全身がまひした妻が、介護する夫にこれで愛を告げた。この実話が8年前にテレビドラマになり、全国に広まった。

 だが昨夏、勤務…

この記事は有料記事です。残り428文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。