(大志 藤井聡太のいる時代)鮮烈編:12 目隠し詰将棋 4秒で正解、親子連れびっくり

有料記事

[PR]

 アイマスクをした高校生棋士の藤井聡太七段(17)が、さっと右手を挙げた。

 2019年3月17日。朝日新聞社と日本将棋連盟が大阪市内で開いた「朝日おやこ将棋フェスティバル」で、目隠しをした棋士による詰将棋の早解き競争でのことだった。最終の3問目。谷川浩司九段(57)が読み上げる駒の配置を聞いて、わ…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り627文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント