郵便局販売1500人、アフラック調査 保険、不適切契約の疑い

有料会員記事

[PR]

 アフラック生命保険が、日本郵便に委託販売するがん保険について、不適切な契約の疑いがあるとして、顧客1500人ほどの契約状況などを調査していることがわかった。日本郵便はかんぽ生命の不正販売をめぐって金融庁から一部業務停止命令を受け、かんぽ商品の募集を止めている。不適切販売が他社の保険商品にも広がる可…

この記事は有料会員記事です。残り655文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら