[PR]

 東京電力福島第一原発にたまり続ける処理済み汚染水をどう処分するのか。経済産業省の小委員会は先月、海洋放出か大気放出が現実的とする提言をまとめた。その量はすでに約120万トン。体積で東京ドーム1杯分に迫り、今後も増える見込みだ。政府は、来月から地元などの意見を聞いて、処分方法を決めるが、保管を続ける…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも