[PR]

 原子力規制委員会は18日、九州電力が廃炉を決めた玄海原発2号機(佐賀県)の廃止措置計画を認可した。来年度中に放射線による汚染のない設備の解体に着手する。2054年度に最終工程である原子炉建屋の解体を完了する。また、すでに廃炉作業中の1号機の工程を当初の予定より11年延ばす計画も認可した。

こんなニュースも