[PR]

 ヘイトスピーチをなくす条例づくりが各自治体に広まっている。川崎市では昨年12月、刑事罰を盛り込んだ条例が全国で初めて成立した。これに続いて、実効性のある条例制定をめざす動きも出てきた。ヘイトスピーチによる深刻な被害が今も続くなか、差別のない町づくりを進めるには何が必要なのかが模索されている。

 …

この記事は有料会員記事です。残り1766文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1766文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1766文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも