[PR]

 ■絶望にわずかな風穴を開ける

 何故(なぜ)かは分からない。私は十歳の頃から常に、消えたい、むしろ消えているのが自分に最も適した状態であるという確信の中で、トランスジェンダーの人が自らに適した性に近づきたいと願うように、自分のあるべき「消えている状態」への渇望を抱えて生きてきた。しかし同時に、十一…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも