極超音速兵器、米が実験成功 アジアへ配備計画

有料会員記事

[PR]

 米国防総省は20日、音速の5倍(マッハ5)以上で飛ぶ極超音速兵器の発射実験に成功した、と発表した。実験は19日夜、ハワイで行ったという。極超音速兵器をめぐってはロシアや中国が開発を進めており、米国もこれに対抗して数年以内にアジア方面へ配備することを計画している。

 実験は米海軍と陸軍が合同で実施し…

この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら