(リレーおぴにおん)お風呂語り:7 韓国、アカすりで深まる交流 林史樹さん

有料会員記事

[PR]

 1990年代半ば、文化人類学の調査のために韓国のサーカス団に入りました。約10カ月間、団員と寝食を共にし、銭湯も一緒でした。風呂上がりに牛乳をおごり合ったり、冗談を言いながら背中を流し合ったり、「裸の付き合い」で親しくなりました。

 銭湯は、今も庶民にとって大切な癒やしの場です。平日は家のシャワー…

この記事は有料会員記事です。残り824文字有料会員になると続きをお読みいただけます。