使用済み核燃料、市税案提出

有料会員記事

[PR]

 新潟県柏崎市は23日、東京電力柏崎刈羽原発(同市、刈羽村)が保管する使用済み核燃料に対する市税を、保管期間が長くなれば税率が上がる仕組みに変える全国初の条例案を市議会に出した。東電と基本合意しており、議会の可決と総務省の同意を経て、10月施行をめざしている。

 税率は、保管年数を問わない基本分を1…

この記事は有料会員記事です。残り143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら