騒音、想定超2割 羽田新ルート、地点分析

有料記事

[PR]

 29日に運用が始まる都心低空を通る羽田空港の新飛行ルートで、国土交通省は24日、2月上旬にあった試験飛行の騒音データを分析した結果を公表した。機体の大きさを踏まえて地点ごとに集計したところ、約2割の地点で想定より1~3デシベルほど大きな値が出た。想定通りが約6割で、想定以下は約2割だった。

 赤羽…

この記事は有料記事です。残り340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!