「給料ファクタリングは貸金」 金融庁に続き司法も判断

有料記事

[PR]

 給料の前払いをうたい文句に事実上、現金を貸し付ける「給料ファクタリング」をめぐる訴訟の判決で、東京地裁(男沢聡子裁判長)は24日、「取引は貸金に当たる」との判断を示した。金融庁も6日に同様の見解を示しており、法外な利息を受け取っている業者は業態の変更など対応を迫られそうだ。

 給料ファクタリングで…

この記事は有料記事です。残り300文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!