林死刑囚の即時抗告棄却

有料記事

[PR]

 和歌山市で1998年7月、夏祭りのカレーに猛毒のヒ素(亜ヒ酸)が混入され、4人が死亡、63人が中毒になった事件で、大阪高裁(樋口裕晃裁判長)は24日、林真須美死刑囚(58)の再審請求を退けた2017年3月の和歌山地裁決定を支持し、弁護側の即時抗告を棄却した。弁護側は最高裁に特別抗告する。

 02年…

この記事は有料記事です。残り364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!