[PR]

 新型コロナウイルスの猛威が世界中を覆う。実体がわからないだけに人々を不安に陥れる感染症は、数多くの文学作品の題材となってきた。読むべき一冊を、本の目利きたちに紹介してもらった。

 ■差別・買い占め、今を予見 篠田節子『夏の災厄』

 東京近郊の某市で、極めて死亡率の高い伝染病が発生。市の保健センタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも