次の旅、到着10年後? はやぶさ2、小惑星数十が候補に

有料記事

[PR]

 地球帰還を目指す小惑星探査機「はやぶさ2」は、イオンエンジンの噴射がいったん終わり、順調に飛行を続けている。小惑星の石や砂が入ったカプセルを地球に送り届けるのは11~12月。その後、軌道を変えて別の小惑星に向かう計画だが、関係者によると、2030年ごろに到着できる数十の小惑星が候補に挙がっていると…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り1402文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント