(池上彰の新聞ななめ読み)財務省職員自殺、遺族が提訴 記者の「共感力」あらわに

有料記事

[PR]

 私の記者生活は今年48年目になります。長ければいいというものでもありません。何をやってきたんだろうとの自戒を込めつつ言いたいことは、記者には「共感力」とでもいうべきものが必要ではないかということです。ここでの私の定義は「弱い立場の人の思いに共感し、その人に代わって発信する力」のことです。

 「読者…

この記事は有料記事です。残り1486文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載池上彰の新聞ななめ読み

この連載の一覧を見る